トップ > ブログ >  > コート・マフラーなしで過ごした件

コート・マフラーなしで過ごした件

  •  

From:西埜巧祐

@本町のカフェより…

「西埜さん、寒くないですか?」

2月後半、いろんな人に聞かれた。なぜなら、後半はコートを着なかったのだ。ここ最近は暖かいですよね。でも、中旬から後半には雪が降った時もあった。そんな時も、コートを着ずに過ごしたのです。

そりゃ寒そうと聞かれて当たり前です。でも、結論から言うと風邪はひきませんでした(ここ最近、ひいていない)。そしてめっちゃ寒いかと言われると、意外にいけるもんだってことです。

いやいや、寒いやろ

「俺らの時代は、コートなんてなかったんやで」

と、ある経営者の方が言っていました。ない時代がありました。もはや今は、コートは1つのファッションとして認知されて、誰もが着ています。

この前なんて、セーター1枚で出たりした。Tシャツ一枚にジャケットを羽織って出たり、、、と。もちろんマフラーはなし。

スタバに朝仕事をしに行くと、「あれ?コートはどうされたんですか?」「いや、そもそも着てないんです」と言ったら、驚かれる。

コートなしは意外にいける。

僕も「コートとマフラーなし」は考えられなかった。寒くて死ぬやろうとずっと思っていた。が、やってみるとおおごとではなかった。

全然いけるし、問題なし。

ちなみに、コートとマフラーなしをやろうと思った理由は、とある先生がそうだったからだ。

先生
「別にいらんくない?めんどーやん」

このことを言われて、考えてみた。

コートとマフラーってまずレストランにはいると必ず預ける。でも、それがそもそもいらない。あと、レディファースト的な観点でいうと、女性のコートを脱がしてから、自分のを脱ぐ。

自分はやっていると信じたいが、不安になった。でも、コートがなければ、関係ない。

ファッション的な観点もある。

コートがあると、どうしても目立つので、あわせられるパンツ、靴、コートを脱いだ時の中の服も、気にしたくはないが気にしてしまう。

厄介なのが、僕自身が出張の多い人間だということ。コートは1つしか持っていけない。それに合わせたファッションを着ればいいが、そうできない時だってある。

このように、考えるのは面倒だと思いません?なので、いっそのこと取っ払ってみようと思ったのが2月後半です。

コートなしは問題なし。むしろ、今までなんでやらんかったんやろう?と不思議に思った。ちなみに、良いコートなら、10万以上はするでしょう。コートなしなら、そのお金も浮く。

  • お金が浮く
  • コートを意識したファッションをしなくていい
    (注意:ファッションに無頓着になるではありません)
  • お店に入る時のプロセスがシンプルになる
  • 忘れ物をする心配がない

とまぁ、ざっとこんなメリットがあるわけです。

常識に縛られていることに、気づけていない

2月の後半、おそらくコート、マフラーをしていなかったのは、日本でも僕くらいだったと思います。たまに外人さんだとTシャツ1枚という人もいましたが笑

冬にファッション雑誌を読むと、当たり前のようにコートを着ているモデルが出ます。そしてブランド店も一斉にコートを売っています。

それをみて、「あ、コートを買わないとな」って思う人もいるはずです。でもお分かりの通りです。今年、僕はもうコートとマフラーは買わないでしょうw

やってみて思ったこと。それは、常識に縛られてることって多いなってことです。そして、それに気づいていないっていうことも、同時に学びました。

ことビジネスで言えば、いろいろあるんじゃないでしょうか。

「うちの業界では、普通こういうことをするから」
「私の会社では、普通こういうことをする」
「周りを見たら、普通こういうことをする」

一般的に、普通にやっていること。でも、よくよく考えたら、それが無駄になっていることってあるんじゃないでしょうか?

世の中には、そういう常識を壊して成功した人もいます。ただ、それには気づくことが必要です。

そういった意味でも、他の人に聞くことって重要やなと感じたわけです。僕は先生に言われて、ようやく気づけました。

あえて外に出て、そういう自分の常識に気づくこと。そしてそれを疑って、検証してみること。その大切さを2月後半に学びました。

ぜひ、あなたもその常識を検証することをやってみてはどうでしょう?面白い発見が、必ずありますよ。

-西埜巧祐

PS
コートを着ても、寒いものは寒いわけです。それは何をしても変わりませんw

もしこれで、めっちゃ寒いって言ったらギャグだったんですけどね笑

<お知らせ>

過疎地でもDM1枚で売上800万を増やした秘密

なぜ人口9000人の町で売上800万円を
増やすことができたのでしょうか?
なぜ1枚のチラシが集客を安定させたのでしょうか?
なぜそんなDMをたった2時間で完成させられたのでしょうか?

伊藤さんが実践された秘密を公開します。

西埜 巧祐

2012年にダイレクト出版に入社。1つの商品の販売プロジェクトで3000万円以上を売上げたり、企画したセミナーを告知後8時間で140名(満席)集客したり、年間120万円もするコンサルティングを満員にするなど、、高額商品・セミナーの販売で数々の実績を残す。また、自身が担当した高額セミナーの集客を毎回成功させ、その手順をマニュアル化。現在、それを使ってダイレクト出版の他のマーケッターも、セミナーの集客を行っている。現在は【ザ・レスポンス】のブランドマネージャーとして、プロモーションの企画、運営、商品の開発、人材教育を担当している。

西埜巧祐の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading