トップ > ブログ >  > その仕事、やめてもいいんじゃ?

その仕事、やめてもいいんじゃ?

  •  

From:西埜巧祐

@横浜のスタバより・・・

先日、インテリアコーディネーターの方をインタビューした。片付けとかを教えている人だ。多分、もうすぐあなたにもお届けできると思う。非常に素晴らしいインタビューで、ビジネスの変化を感じられるものとなった。きっと、あなたにとっても学びになってくれるはずだ。

で、私がインタビューをした。これについては、少し驚かれる。「え、西埜さんがするんですか?」と言われる。基本的に、インタビューは自分でやっている。他人にお願いすることもできるのだろうが、自分でやることにしている。

なぜかと言うと、顧客の声に触れることを自分のルールとしているからだ。同じ内容を聞いてもらう事はできるが、その変化を生で知る事、その人のトーンや話し方を見ながら知る事は、大きな学びや気づきをくれる。これについては、いつかお話ししましょう。今回は、違う。顧客インタビューを毎回自分がやっていると言うことに、直結するんだが、、、

インタビューが終わった後の無駄話が楽しいのだ笑。むしろ、メインはそっちじゃないかと、毎回思う。今回の方も非常に面白かった。その中で、印象に残った話があるので、ぜひシェアしたい。何かと言うと、僕の部屋の話だ。

服が好きだから、結構ある

服をたくさん買っているので、クローゼットがパンパンの話をしたんですね。そうしたら、絶対に着てない服があることがバレた。そりゃそうかと思うんだが、捨てていなかった。

「いつか必要なんじゃないか?」

という思いから、捨てるに捨ててなかったのだ。そう思っているのに、着ていない服が何着あるのやら・・・。

「1年以内に着ていない服は、捨てましょうよ」

と言われた。

「ほんまですね。あまり考えてなかったんですけど、捨てようと思います」

今は東京。帰ったら、捨てようかと決心できた。一度決めたら、ガリっと捨ててしまう方だ。だから、結構捨てられると思う。ジャケット、パンツ、ネクタイ、ありとあらゆるものを捨てられるんじゃないかとワクワクしている。

こう思っていた時に、僕は1つ違うコンセプトを思い出したんですね。それは、

やめる、続ける、始める

この3つのコンセプト。なぜ思い出したかと言うと、「やめる」に近いかなと思ったんです。服を捨てると言う事は、

「その服を着ることを、やめる」

ですよね。

服を残する事は

「その服を着ることを、続ける」。

そして新しく買うという事は

「新しい服を着ることを、始める」

多分、こんなつながりで、思い出したんでしょう。私の場合、こういう遠くのコンセプトを思い出したり、繋げる事はよくあります。許していただきたい。なるべく、つながりが出るように作っているのですが、こういうこともあります。

ただ、「やめる、続ける、始める」を思い出したわけです。

物事には順番がある。

この話をあなたにシェアしようと思ったのは、物事に順番があることを伝えたかったのです。今回のケースでいうと、

服を捨てること(やめること)からスタートします。そして、新しいことを始めるのは、後なのです。

私たち起業家・社長・マーケターは、新しいことを始めたがります。でも、始めることばかりを考えて、「やめること」をおろそかにしていないでしょうか?

なんとなく続けることを選択してしまっていないでしょうか?

新しいことを始めるのは、それなりに労力が要ります。服の例はわかりやすいでしょう。クローゼットというスペースが限られた中に、服を入れていくわけです。スペースがなかったら、入れる事は出来ません。捨てる事で、新しい服を入れられるわけです。

全く同じ事は、仕事にも言えます。

新しい仕事をガンガンはじめたり、アイディアを実行したり、タスクを増やすと、いつか対応出来なくなります。

で、僕が思うに、多くの人が「忙しい」と言っているのは、この「やめること」が出来ていないんじゃないかと思うわけです。

だからこそ、このブログのタイトルをつけたわけです。あなたも考えてみてください。

「その仕事、やめません?」

-西埜巧祐

<お知らせ>

本日開催!!

先日から告知している
「コンサル起業座談会」
いよいよ本日開催です。

放送を見逃さないように
こちらからブックマークを
しておくようにお願いします。
↓↓↓
https://pages.theresponse.jp/kpjol_zadankai_commingsoon_1904/

西埜 巧祐

2012年にダイレクト出版に入社。1つの商品の販売プロジェクトで3000万円以上を売上げたり、企画したセミナーを告知後8時間で140名(満席)集客したり、年間120万円もするコンサルティングを満員にするなど、、高額商品・セミナーの販売で数々の実績を残す。また、自身が担当した高額セミナーの集客を毎回成功させ、その手順をマニュアル化。現在、それを使ってダイレクト出版の他のマーケッターも、セミナーの集客を行っている。現在は【ザ・レスポンス】のブランドマネージャーとして、プロモーションの企画、運営、商品の開発、人材教育を担当している。

西埜巧祐の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading