トップ > ブログ >  > 消せない過去…の話

消せない過去…の話

  •  

From:北岡秀紀

友人の社長がこれから上場を目指すA社の役員になることになりました。

友人の会社の顧客層が、A社の顧客層と合致していて戦略的提携をすることになったわけです。

が、事前に周辺調査が入り友人が過去に販売していた商品が問題になりました。この商品、違法なものでもないですしなんら問題のあるものではありません。

ただ、いわゆる情報商材に類するものと捉えられ、そこが問題になったようでした。

さらに、プライベートを含め様々な問題点があげられ、彼を役員にするのは不適格という判断が下されたとのこと。

しかも、恐ろしいのがA4サイズの紙数枚にビッチリのこのレポートはたった3日で提出されたということ。

あなたの過去が未来のチャンスを奪う

調べる人が調べれば過去なんて丸裸です。

また、ネットで書いた不用意は発言はまず間違いなく残ります。
表面上は消したとしても、きっちり調べれば見つけることができたりします。

「過去12年分の売上を12ヶ月であげるときがある」というのはダン・ケネディの言葉ですが…

自営をしていると、事実そういうチャンスって何度か回ってきます。そのときに、過去の自分のせいでつぶされたらもったいないですよね。

自分の今の行動が未来の自分に迷惑を掛けないか。より意識しないといけない時代がきてるってことです。

特に目の前の小金のために、未来の大きなチャンスを逃すことがないようにしたいものです。

「3年後の自分の利己的に」
私が大切にしている言葉のひとつです。

 

追伸1

私の友人の場合…
A社社長の強い意向もあり、
さらに裏ルートもあり、
その過去は消えて無くなるようです(笑

本当の上になれば消せるんですよね…

 

追伸2

友人の名誉のために言っておくと、彼の過去にはやましいことはありません。

ただ、上場を目指す会社の役員をするとなると…
噂レベルも消しておく必要があるんだそうです。

上場ってタイヘンですね。本当に。

[ビデオ]値下げしても欲しいお客が集まらない本当の理由とは?
なぜ、商品・サービスには自信があるのに
お客さんが集まらないのか知っていますか?
なぜ、いつも値段で競合と比べられてしまうか
知っていますか?
その理由は、、、
北岡 秀紀

マーケティングコンサルタントであり、コンサルタントを指導するコンサルタントでもある。これまで約900以上のクライアントのコンサルティングを実施し、数々の店・中小企業・オンラインショップの売上改善を果たす。その成功率は91.7%を誇る。(2011年10月現在)単に机上の空論ではなく、「自身で実証済みのノウハウだけを伝える」ことを信条としている。年商1億円を突破したい社長向けの情報サイト『オクゴエ!』を主宰。また、自身のノウハウを受け継ぐコンサルタントを育てるプログラムを主催しており、一人あたりの参加費は350万円という超高額にも関わらず、申込が殺到。参加希望者の77%以上を断っている。

北岡秀紀の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading