トップ > ブログ >  > これ1000円で売れる?

これ1000円で売れる?

  •  

From:山田光彦

「詐欺的なことをやれってこと?」
「ひっかけ問題だな(ニヤッ)」

そう思いました?
そうなんです。これはちょっとひっかけ問題的な感じなんですが、、、

これをどうやって売るのかがわかれば、セールスライティングはもちろん、売りにくい商品や高い商品をどうやって売ればいいのか?ということがざっくりわかるので、少し考えてみてください・・・

おじいちゃんのプレゼント

ちなみに、この500円玉は僕が小学1,2年の頃、おじいちゃんがくれたもの。

なんでくれたかというと、僕は小さい頃、こういうのを集めていたんです。

もちろん、小学生が集めていたものなので、大した価値はありません。ビックリマンのシールを集めるような感じで集めていたんです。

そんな僕を知っていたので、おじいちゃんがこの500円玉を僕にくれたんです。

調理師の仕事をしていたので、お客さんが払ってくれたお金の中で珍しいものがあったから、僕に持ってきてくれたんだと思います。

この500円玉は1000円〜1500円

だいぶ、ヒントを言ってしまいましたが、この500円玉。

作られたのが昭和62年。

そして、昭和62年に作られた500円玉は1000円から1500円ぐらいで取引されているようなんです。

理由は簡単。
昭和62年には500円玉があまり作られなかったんです。

詳しくはよくわからないんですが、天皇陛下御在位60年記念の金貨の製造があったり、そんなに新しいものを作る必要がなかったりということがあったようなんです。

その結果、作られた数がめちゃくちゃ少なくなり、希少価値が出たということです。

知っているか知らないかだけの差

こう聞いてしまうと、この500円玉を1000円で売るのは、そんなに難しいことではなさそうですよね。

こういう希少コインに価値を感じる人を見つけるのでもいいですし、この500円玉を1200円で買い取ってくれるお店を見つけたら、そのお店の前で売れば、まあ売れますよね。

なので、この500円玉は見る人によって価値がわかりやすく変わるということです。希少価値を知っている人なら1000円から1500円ぐらいの価値。

普通の人にとっては500円の価値。

もっと言うと、僕の幼稚園の次男にとっては、1円玉と同じような価値しかないでしょう。10円玉1枚と1円玉1枚を交換してくれましたからw

ちなみに、昭和62年の50円玉はもっと希少価値があり3000円ほどで取引されているみたいですね。60倍です。

高い価値を感じる人の視点

この500円玉を売るとしたら、おそらく、この希少価値の話しますよね?
そして、一般的にどれぐらいで流通しているかとかも。

なぜこれを話すのかと言うと、、、

ほとんどの人は、昭和62年の500円玉に500円の価値しかないと思っているわけです。ですが、そうじゃない視点でこの500円玉を見てもらえるようにしているわけですよね。

そして、これは高い商品を売るときにも、有効な方法なんです。

その商品の価値というのは、人それぞれ。
たとえば、セールスライティングに感じる価値も人それぞれです。

そんなときにやるべきこと。

それは、セールスライティングに高い価値を感じている人の視点で、価値を伝えるということです。

そうすれば、昭和62年の500円玉が本当は、1000円とか1500円の価値があるとわかるように、セールスライティングの本当の価値に気づいてもらえるようになるわけです。全員とは言いませんが、価値を感じてくれる人の数は間違いなく増えるでしょう。

そうすれば、売りやすくなるのは間違いありません。

そうなら、、、

あなたの商品に高い価値を感じている人は、あなたの商品をどんな視点で見ているのでしょう?

それは、他のお客さんにも伝えるにはどうすればいいでしょうか?

これは、結構セールスレターのメインのテーマになると思いますよ。

-山田光彦

PS.
ちなみに、僕はこの500円玉を1万円でも売りません。

なぜなら、僕個人にとっては子供の頃の思い出ですし、おじいちゃんからの思い出のプレゼントだからです。これも価値の1つですが、僕専用なので、これでは売れないですけど。

まだ生きていますので、誤解しないでくださいね。

<お知らせ>

過疎地でもDM1枚で売上800万を増やした秘密

なぜ人口9000人の町で売上800万円を増やすことができたのでしょうか?
なぜ1枚のチラシが集客を安定させたのでしょうか?
なぜそんなDMをたった2時間で完成させられたのでしょうか?

伊藤さんが実践された秘密を公開します。

山田 光彦

【ザ・レスポンス】の責任者兼チーフ・セールスライター。以前は、司法書士として事業をやっていたが、顧客を集める重要性を痛感し、セールスライターへ転身。現在、ダイレクト出版のマーケティング部門の事業部長を務める。

山田光彦の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading