トップ > ブログ >  > 棚から牡丹餅,マーケ編

棚から牡丹餅,マーケ編

  •  

From:西埜巧祐

@ダイレクトの大阪オフィスより…

西埜
「え、これさ、、、
 これだけやれば売上あがるんじゃ?」

一同
「確かに、、、」

西埜
「数字調べて、すぐにやろうよ」

もしかしたら、あなたのビジネスでも、こういう棚からぼたもちみたいなものがあるかもしれません。短いのですが、今日はその話を。

本当についさっきのMTで発覚した事実。実は、僕らが使っている仕組みにて、少しいじったら、数字が上がることがMT中に判明した・・・。なんていうことだろう。これをもっとやっておけば、その仕組みからの売上は10%〜20%は上がっていたんじゃないだろうか(改善をしていれば、もっと・・・)。

なぜ、気づいたのか?

とあるMTにて、ある仕組みの数字を見ていたんです。そうしたら、別の要因で数字が平均値より低くなっていたんですね。ここ、おかしいよね。という話をしていた時に、パッと仕組みのモデルを頭の中で、作ってみたんです。そうしたら、、明らかに足りない・抜けている部分があったんです。

「もしかしてさ、、、この部分に、売る商品って入っているんだっけ?」

「いや、入っていないですね」

「入れたら、売れるんじゃ?」

「確かに・・・」

という話です。ここで気づいたんです。仕組みに抜け・漏れがあったのです…正直、これをきちんとするのには、3、4時間もあれば十分でしょう。それだけで毎月上がる仕組みの売上を10%〜20%あげられるのです。まさに、棚から牡丹餅です。

はぁ、、、なんで気づけなかったんでしょうか。今まで。

とある上場企業を作った社長の話…

ちょうど、このブログを書いている時に、思い出しました。

僕が尊敬している社長がいます。その方は通販事業を上場させたことがある有名な方です。この方が、経営をしていた時、事業のモデルを部屋の横いっぱいに広がるホワイトボードを使って書いていました。

さらに、その事業モデル全体の数字も記入をしていたのです。さらに、それを毎週毎週更新をして、現状把握をしていたのです。

今、その重要性が身にしみました。僕らがやっていたのはシンプルです。

モデルで考え、数字を見ていただけ

ということです。僕の頭の中で、仕組みのモデルがありました。そして、その手元にはそれぞれの数字が載っていました。そうした時に、明らかな漏れ・抜けがあったのです。

なんでこんなことに気づけなかったのでしょうか・・・。

あなたは絶対に、同じ轍を踏まないでください。ビジネスとは、数字で表すことができます。毎月の集客の数、そして来たお客さんの平均単価。そしてリピートの数字、、、全て数字化できます。その数字を改善する活動を、毎月するだけで、売上を上げることができます。

地道かもしれません。でも安定した売上を出すためには、地道な改善活動が大きいです。確かに、新しいアイディアで売上がドカン上がる・・・というのは憧れるかもしれませんが、当たる確率は、低いです。改善活動の方が、明らかに成果が出ます。

もしやったことがないのであれば、事業のモデルを考えて、数字を見直してみてください。一番良いのは、毎週見ることなのですが、一度見るだけでも、価値があると思います。

モデルを考え、数字を見直してみれば、ついさっきの僕らが見つけた、同じような牡丹餅を見つけられるかもしれません。

ー西埜巧祐

P.S.
これを毎週続けていけば、安定的に成長するビジネスを作れる一助になるのは、間違いありません。

西埜 巧祐

2012年にダイレクト出版に入社。1つの商品の販売プロジェクトで3000万円以上を売上げたり、企画したセミナーを告知後8時間で140名(満席)集客したり、年間120万円もするコンサルティングを満員にするなど、、高額商品・セミナーの販売で数々の実績を残す。また、自身が担当した高額セミナーの集客を毎回成功させ、その手順をマニュアル化。現在、それを使ってダイレクト出版の他のマーケッターも、セミナーの集客を行っている。現在は【ザ・レスポンス】のブランドマネージャーとして、プロモーションの企画、運営、商品の開発、人材教育を担当している。

西埜巧祐の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading