トップ > ブログ >  > No1セールスライターを目指す理由 Part1

No1セールスライターを目指す理由 Part1

  •  

From:西埜巧祐

@心斎橋のスタバより・・・

前回のスタバの続きです。実は、あの後に話しかけてくれた方から、メッセージが届いていました。

「本当はお声掛けした時に、話をしたかったんです。でも、仕事中だったのでメッセージを送りました・・・」

ということでした。

なぜ彼がメッセージを送ってくれたのかというと、1つだけ聞きたいことがあったからだそうです。それは何かというと「いまでもNo1のセールスライターを目指しているんですか?」ということだった。答えは、、、

もちろん、イエス

この方は、ちょっとした”つながり”がありました。当時、僕が話した時に「No1のセールスライター」になりたい。と話していたんです。そのことを知っていたのです。で、改めて、質問をしてくれた…ということです。

実は、この質問については、先日開催したリストブランディングコースでも、聞かれました。

「将来の夢とか、これからどうしていくとか、あるんですか?」

答え:「No1セールスライターになること」です。

はい。今日は、この話をしたいと思います。そもそも、何で僕がこのセールスライティングの世界を選んでいるのか?についてお話しします。

なぜ、セールスライティング?
理由1.0から1を作れ、10にもできる。

私は、元々は起業をしたかった思いがあります。今は、そういう気持ちはあまりありません。が、起業をしたかった時に、もともと「これしたい!」「こんな事業をしたい!」なんていうビジョンはなかったのです。漠然と、起業をしたかっただけなわけです。が、そうなると、いろいろな本を読んで情報を集めていました。その時わかったことは、

「商品が良くても、売れない」

ということです。これはあなたも「そうだよね」と思うはず・・・。私が読んだ本で、「金持ち父さん、貧乏父さん」という本があります。確か、この本の中だと思うのですが、うまい表現がありました。

「石鹸は誰でも作れる。でも、それをたくさん売ることは、一握りの人しかできない」

なるほど。的を射ているな。と思い、そこから、集客やセールスが大切だなぁと思うようになりました。そこから色々あったことは割愛しますが、マーケティングとセールスライティングに出会ったのです。

このスキルに出会った時、「これさえあれば、なんでもできるんじゃないか?」と思いました。というのも、そのスキルで、ビジネスが大きく成長した事例や、立ち上がった事例を知ったからです。他のスキルに比べても、一番再現性があるなって、感じました。というのも、事業アイディアを作るって、難しいじゃないですか。そこのスキルよりも、数字をベースに改善できる、こっちのスキルの方が再現性が高いと感じました。

昔、小川と話してちらっと出た話

小川
「だってさ、DRMとセールスライティングを知っておけば、ほぼ資金0でビジネス作れるじゃん。ほぼ錬金術みたいなもんじゃない?」

西埜
「あぁ、確かにそうだなぁ・・・。」

今では、そういう事業をしているので、0から立ち上がった事業が、セールスレターによって、大きな事業になるところを、見ていますし、体験もしているわけです。0から1を作れ、1を10にできる。こんなスキルって、他にないのではないでしょうか

営業、セールスのスキルも貴重だと思います(セールスライティングをしている人間も、知っておくべき)。でも、レバレッジの観点で、こっちを選んでいます。

なぜ、セールスライティング?
理由2.結局、ライティングだから

最初の頃、マーケティングの方が重要だと思っていました。が、これは車の両輪みたいなものでして、そんな簡単じゃなかったんです。マーケティングで良いアイディアが思いつきました。

「よし、これで売れるぞ!」

と思っても、実はこれは売れないんです。なぜなら、これは売り手の頭の中にあるだけで、お客さんに伝えるためには「言語化」が必要だからです。ここで、結局ライティングに行き着くわけです。

僕がこの仕事を始めた時、「じゃ、セミナーの集客よろしく」という感じで、セミナー集客から始まりました(こういう無茶振りは、ダイレクト出版でよくある話笑)。この時、どうやって売ろうか?と思っていたら、リストに対して売るしかないわけです。彼らに対してどうやって売るか?

考えたら、結局メールやセールスレターを使って、売るしかないなと思ったわけです。インターネットでも、オフラインでも、対面で話す以外は、ほぼ文章の力が必要だなと思ったのです。

「結局、ライティング」

今や動画も出てきていますが、考えてみてください。文章を言葉で話して、それを収録しているだけです。セールスライティングを知っておけば、効果的な文章を作れ、それを読めば、より効果の高いメッセージが作れます。

結局、ライティング。

だったら、セールスライティングのスキルを磨いた方が、得な訳です。

なぜ、セールスライティング?
理由3.レバレッジ

先の話でも触れましたが、セールスライティングのスキルを磨いておくことは、レバレッジがあります。なぜなら、一人の営業マンが、1日会える回数と、1枚のセールスレターがアプローチできる数を比べたら、一目瞭然です。

1人の営業マンなら、どんなに頑張っても、1日5、6人にしかアプローチできません。でも、1枚のセールスレターなら、、、無限大です。言わずもがな、レバレッジが高いです。人に依存することもありません。

営業マンが売る量というのは限りがあります。でも、セールスレターはありません。あとは再現性が高いというメリットもあります。例えば、ほとんどの会社は、社長さんが商品を売っています。社長が倒れたら、、、まさに終わりです。それをほかの人が代わりになることは、難しいでしょう。

でも、セールスレターは違います。社長が書いたとして、誰がそのレターを送ろうが、関係ありません。レターを書いて、あとは休むことだってできてしまいます。

昔、僕が書いたセールスレターで「テンプレート習得コース」があります。僕が書いたレターを使い続けているのですが、おそらく15回以上は繰り返し使われています。でも、変わらずお客さんを集めてくれます。しかも講師が変わってもです。僕は、セールスレターを書いたものの、最近のプロモーションには携わっていません。

1枚の優れたセールスレターを書けば、たとえ書いた本人が使わなくても、安定して売り続けてくれるのです。もしビジネスをしたいと思うなら、こんなスキルがあったら心強いと思いませんか?

、、、以上、理由1〜3をお話ししました。だからこそ、セールスライティングを選んでいます。そして、この分野で1番になれば、困ることないだろうなって思っているからです。

長くなりました。1番を目指す理由は、次回お話しします。

ー西埜巧祐

<ザ・レスポンスのオススメ>
インターネットマーケティングコンサルタント養成講座

この講座のアップデート記念キャンペーンは
今日(23日)までです。

今、参加すれば、
合計9つの特典をセットで
手に入れることができます。

コンサルタント養成講座ver3の詳細はこちら

西埜 巧祐

2012年にダイレクト出版に入社。1つの商品の販売プロジェクトで3000万円以上を売上げたり、企画したセミナーを告知後8時間で140名(満席)集客したり、年間120万円もするコンサルティングを満員にするなど、、高額商品・セミナーの販売で数々の実績を残す。また、自身が担当した高額セミナーの集客を毎回成功させ、その手順をマニュアル化。現在、それを使ってダイレクト出版の他のマーケッターも、セミナーの集客を行っている。現在は【ザ・レスポンス】のブランドマネージャーとして、プロモーションの企画、運営、商品の開発、人材教育を担当している。

西埜巧祐の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading