トップ > ブログ >  > 残念なセミナーです…

残念なセミナーです…

  •  

From:西埜巧祐

先月、とあるセミナーを受けました。個人的な勉強をしに、他のセミナーを受けに行ったのです。非常に素晴らしいセミナーで、バックエンドにあるセミナーを買おうと思っていました。

でも、、、、申し込みをしたのは、そのセミナーの3週間後です。その場では申し込みませんでした。いや、正確には申し込みづらかったのです。3週間後となると、

「もう買わなくてもいいか・・・」

とも思っていました。当日は「参加しよう!何が何でも参加しよう!」という高い購買意欲がありました。でも、その3週間後には、その熱も冷め切っていました。なぜ、こんなことが起こったのでしょう?

遅れはセールスの死

これはケネディも言っていることです。セールスにおいて、遅れは死です。お客さんの買いたいという気持ちは、売られている瞬間が最高潮です。でも、その瞬間を逃せば、あとはどんどん下がって行ってしまいます。

僕は、セミナーを受けていた時は、コンテンツをとにかく楽しみながら受けていました。内容も面白く、学びになります。これをもっと学びたい!と思っていました・・・。

内容は良い。次も買いたい。「でも・・・」

そう。「でも、、、」なわけです。商品の紹介をされた時、申し込みができなかったのです。結局、その場では決めきれず、申し込みをせずに家に帰ってしまいました。

なぜでしょう?

それは、価格のせいではありません。 商品の内容のせいではありません。あるいは保証のせいでもないのです。

セミナー当日に申し込まなかった原因は「申し込み用紙」

そのセミナーで使われた申し込み用紙は、URLを直接打ち込むものだったのです。買う気満々だったのですが、一気に買う気がなくなりました。

「めんどう・・・。あとでもいいかな?」

と思うようになったのです。その場で申し込みをこうなったら、お分かりですよね。人は買う気をなくします。恐ろしいほど、なくします。

「遅れはセールスの死」

とセールスに名高い偉人は、誰もが言っています。ダンケネディも言っています。遅れれば遅れるほど、商品は買われなくなります。相手が「買いたい!」と思ったり絶頂期に、申し込みをしてもらわないといけません。

あなたの商品は、申し込みやすい?

このセミナーで使われた申し込み用紙は、申し込みづらいものでした。本来であれば、そのまま用紙に名前とか、住所、個人情報を書き込みをして、渡せば申し込み完了。というのが理想です。

でも、直URLを入れさせて、さらにそのページでスマホの手打ちで情報を入れていくというものでした。慣れている人はいいですが、私はまだ慣れていません。

これは申し込みづらいですよね。僕はセミナーで、申し込み方法がめんどうで、買いませんでした。後回しにしたせいで、買う気がどんどんなくなり、申し込みをすること自体、やめようとしてしまいました。

最終的に買ったのは、3週間後です。それでも買ったのが奇跡なんじゃないかと思います。

これは、セミナーの場合で話していますが、どんなビジネスでも、どんな販売でも、どんな商品でも、同じです。それがオフラインであろうが、オンラインであろうが、、、です。

”申し込みやすさ”を意識するだけで、販売の成約率は上がります。ぜひ、あなたのページでも、申し込みやすいかどうか、見直してみてください。もしかしたら、それだけで成約率が上がるかもしれません。

西埜 巧祐

2012年にダイレクト出版に入社。1つの商品の販売プロジェクトで3000万円以上を売上げたり、企画したセミナーを告知後8時間で140名(満席)集客したり、年間120万円もするコンサルティングを満員にするなど、、高額商品・セミナーの販売で数々の実績を残す。また、自身が担当した高額セミナーの集客を毎回成功させ、その手順をマニュアル化。現在、それを使ってダイレクト出版の他のマーケッターも、セミナーの集客を行っている。現在は【ザ・レスポンス】のブランドマネージャーとして、プロモーションの企画、運営、商品の開発、人材教育を担当している。

西埜巧祐の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading