トップ > ブログ >  > 正直で優れたコピーの書き方

正直で優れたコピーの書き方

  •  

From:マイケル・マスターソン

「あなたが他人にしてもらいたいことをしてあげなさい」

これは、世界最古の成功の秘密の一つであり、
成功する広告、マーケティング、ビジネス、人間関係、
どれにも当てはまる原則です。

ところが残念なことに、これを否定して皮肉る人が多いのが現実です。
なぜなら流行する広告のコピーには皮肉ったものが多く、
そういう広告コピーを得意とする人は
「良い広告とは人々が信じる嘘を並べたものだ」と信じているからです。

しかし、実際にはそうとは限りません。

良い広告コピーとは、
商品の長所をうまく表現したものです。
優れている記事や広告が真実をうまく伝えているように、
すぐれた広告キャンペーンは基本的に
正直で、シンプルで、真実でなければいけません。

では、正直かつ優れた広告キャンペーンとは
どのようにして作ればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

求められている解決方法を提供し、
本当の実績を証明して信頼関係を作り、
魅力的な価格を提示し、
そして購入方法を簡単にすることです。

しかし、それを実行してもあなたの商品が
大きな利益を生み出さないとしたらどうしますか?
この答えも簡単です。

マーケットに出さないことです。
このアドバイスは安易すぎですね。

もしあなたが商品を改良する立場にあるのなら、
セールスライテイングがとても重要なスタートとなります。
あなたは、どのようにすれば商品がより良いものになるかを
色々な方法で考えをめぐらし、
そして商品を売るためのセールスライティングをするのです。

もしあなたのコピーのアイディアが良ければ、
すぐに話題になるでしょう。

コピーが話題になれば当然世間の評価も上がります。
そうなれば、もし商品に改良が必要な場合、
改良にかかるコストを出すように上層部を説得することは簡単になります。

でも、もしあなたがそのアイディアを全て試したのに何も結果が変わらなかった場合は、
残念ですがあなたにはセールスライティングは向いてないのかもしれません。

大切なことなので覚えておいてください。どんなに教育を受けてないとしても、
顧客はバカではありません。
特に顧客が興味を持つことに対してはなおさらです。
おそらく一度は顧客を騙すことはできるでしょうが、
騙された側はそれを絶対に忘れません。
2回目に同じ手を使おうとしても、もう二度と乗ってこないでしょう。

-マイケル・マスターソン & ジョン・フォード

マイケル・マスターソン

年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社を2社、10億円以上の会社を10社以上保有、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの世界で屈指の実績を誇るスーパー起業家。その事業構築の手腕は多くの起業家、マーケッターから高く評価され、推薦分などを書くことがないジェイ・エブラハムが著書に序文を寄稿するほど。AWAIのファウンダーの一人であり、450,000人の会員を誇るメールマガジン「Early to Rise」のファウンダーでもある。

マイケル・マスターソンの記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading