トップ > ブログ >  > 生産性の測り方

生産性の測り方

  •  

From:北岡秀紀

生産性をどうやって測るか?って考えたことあります。
これが、よく考えると結構難しい。

「時給」というのはひとつの手ですが、時給計算しやすいのは売上をあげる仕事だけで…
それ以外の仕事をどう時給換算するのかという問題が起こります。

意識としては「時給」を考えることは重要。
私もそれを推奨していますが…生産性を測る道具にはなりません。

では、スタッフひとりあたり粗利?
確かに生産性を測定する方法であることは間違いありません。
そして、私の場合、最も重視している指標でもあります。

が、これはあくまでも結果論。
この数字は簡単には改善できないんです。

測定するだけであればいいんですが、ビジネスの改善にはつなげにくい。

では、何を測定すればいいのか?

私は
「最重要目標に対する行動を何時間使ったか?」
ということを測定するのがいい、と思っています。

理由は3点あります。

まず時間は測定が可能であること。
何時間使ったかというのは、客観評価が可能です。

本当は没頭した深さも大切なのですが、これは計測できませんよね。
けれど、自分の中で集中できたかどうかという評価はできるはず。
なので、集中できた時間が何時間だったのかと考えてみます。

そして、改善しやすいというのが2つめ。

「今日、使えた時間は1時間だったな。明日は2時間にしよう」とすぐに次の行動に反映することができます。

そして、3つめ。

これを測定するために最重要目標を明確にする必要があること。
色々な目標を持っている人は多いですが、「たったひとつ、これだけは達成すべき目標」を決めている人は少ないものです。

結果、仕事の選択と集中が進みうまくいく可能性が高まります。

最重要目標って?

では、最重要目標とはなんなのか?

単なる売上や利益を目標にするのではなく自分が普段やっている仕事の一段上の仕事と考えてみてください。

つまり、毎月の売上を追うのに必死であれば3ヶ月後の目標を最重要目標にする。
3ヶ月単位でビジネスを考えているなら1年単位で。
1年単位で仕事しているなら3年。

いつもやっている仕事は意識せずともやります。
だから、いつもの一段上の仕事に時間を意図してやる。
これだけであなたの会社が一段上にあがる確率は大幅に上がります。

ちょっとした考え方の差なんですが。。。
めちゃくちゃ使えます。

生産性の計測とともに試してみてください。

-北岡秀紀

<お知らせ>

人の良い社長が自ら倒産へ進む危険な3つの兆候

もしあなたが、これからお話する3つの兆候に当てはまるのであれば、

きっとこの話はあなたの役にたつでしょう。

https://in.theresponse.jp/swbs_10year_mag

北岡 秀紀

マーケティングコンサルタントであり、コンサルタントを指導するコンサルタントでもある。これまで約900以上のクライアントのコンサルティングを実施し、数々の店・中小企業・オンラインショップの売上改善を果たす。その成功率は91.7%を誇る。(2011年10月現在)単に机上の空論ではなく、「自身で実証済みのノウハウだけを伝える」ことを信条としている。年商1億円を突破したい社長向けの情報サイト『オクゴエ!』を主宰。また、自身のノウハウを受け継ぐコンサルタントを育てるプログラムを主催しており、一人あたりの参加費は350万円という超高額にも関わらず、申込が殺到。参加希望者の77%以上を断っている。

北岡秀紀の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading