トップ > ブログ >  > 賢い起業家が自分の”時給”を意識する本当の意味

賢い起業家が自分の”時給”を意識する本当の意味

2010.1.1 | 
  •  

From:リッチ・シェフレン

「自分の時給を知れ」

と、きっと勉強熱心なあなたなら、何度も繰り返し見聞きしてきたことだと思います。

欲しい年収を1年間の労働時間で割る。それがあなたが稼がないといけない時給だ!というアレですね。

細かい計算式や「コツ」は人によってそれぞれで、ある世界的権威は、「1日のうち生産的な時間は多くて2時間くらいだから、それに合わせて時給を計算しろ」とか、「税金で半分持っていかれるから、最終的に出た時給を倍にしろ」とか。

リッチも「マニフェスト」の中で、時給計算のコツについて色々と話していますが、ここでの最大のポイントは、

「正しい時給計算の方法が何か」ではなく
「自分の時給を知る」ことの本当の意味を理解するという

ところにあります。

たとえば「マニフェスト」には年収2500万円を得るには、1時間あたり4万1666円を稼がないといけない、という計算が載っています。

これは1日あたりの「生産的な時間」が2時間という見積もりによるものです。

2時間って少ない?もっと働けるんじゃ?…と思うかもしれませんが、実はそこが大きな落とし穴です。というのも、「生産的な時間」とは、収入に直接つながる時間のことだからです。

たとえば、パソコンの前にいる時間は、イコール収入に直接つながる時間ではありません。eメールやFacebookをチェックする。ネットで調べ物をする。勉強する。電話に対応する。コーヒーを飲む。トイレに立つ。などの時間は収入に直接つながりません。

事実、フォーチュン500(フォーチュン誌による米国の優良企業トップ500)のCEOを調査した結果、彼らの1日の生産的な時間は、たったの「38分」また別の調査では「28分」でした。

タイムマネージメントのトレーニングが浅い起業家の場合、この生産的な時間を1日2時間確保することは簡単なことではありません。

詳しくは「マニフェスト」p49を読んで頂きたいですが、この、時給4万1666円という数字は、1日の生産的な時間が2時間で、週に6日間という計算によるもので、決して大げさな数字ではありません。

あなたが1時間あたり稼がないといけない金額 =4万1666円

ほとんどのスタートアップの起業家にとっては、現実的でない、途方もなく大きな数字に思えるでしょう。

ですがこれが「現実の」数字ですし、実際にこれをクリアしている起業家はたくさんいます。

ということはつまり、

「普通に」考えて無理だということは、「普通じゃない」考え方、やり方をしなければいけない

ということです。

ここがポイントです。よく聞いてください、、、多くの起業家が勘違いしているのは、自分の望む時給に近づけないのは「まだ自分には知識が足りないからだ」という間違った思い込みです。

もちろんこれが「真実」である場合もあります。

が、それは非常に限定的で、あなたがネットのビジネスや起業の方法について、全く知識ゼロのド素人である場合だけです。

それ以外の場合、、、きっとこの記事を読んでいるあなたの場合は、このパターンには当てはまりません。

もしあなたが今、「とはいえまだ勉強不足で…」と思っているなら、あなたはチャンス追求型からまだまだ抜け出せていないということです。

なぜなら、新しい情報や知識なんて次々どんどん出てくるし、どれだけたくさん「勉強」したとしても、全てを知るなんてことはできないからです。戦略型の起業家になるためには、「誰かのノウハウ」を学んで答えを見つけるのではなく、

「自分自身」
「自分自身のビジネスの内部」

に目を向けて、答えを見つけるという風に、思考パターン・パラダイムを変えなければいけません。

では、どのようにして時給をアップさせるのか?
新しい思考パターン・パラダイムとは何なのか?

それを話していきます。

1.拡張性
2.アウトソーシング

ポイントは2つあります。

1.拡張性
2.アウトソーシング

の2つです。まず1つ目の拡張性とは何なのか?

それは、あなたのビジネスをあなた一人の人力ではなく、2倍、3倍、、、、10倍、100倍に伸ばしていくシステムや仕組みを作ることです。

たとえばよく耳にするのは、「マーケティングをやっていれば収入があがる!」というもの。

確かにそれはその通りで、どれだけいい商品を作ったとしても、それが売れてお金が入ってこなければ全く意味がありません。

マーケティングをやらずに成功する、というのは、非常に難易度の高いチャレンジでしょう。

実際リッチはマーケティングに取り組んでいる時間のことを「生産的な時間」だと言っています。

ですがマーケティングを「やる」には2つの方法があります。

それは、「あなた自身がマーケティングをやる」方法と、マーケティングのシステムを作って「誰か別の人にやってもらう」という方法です。少し詳しく見ていきますね。

たとえばあなた自身がマーケティングをやる場合の時給が「3万円」だと仮定します。

もしそれよりも少し劣るが、別の誰かが、あなたが作ったマーケティングのシステムに沿ってマーケティングをやったら、彼が生み出す時給が「2万円」だとします。

その場合、その彼と同じくらいの能力を持った人があと2人いれば、1時間にトータルで生み出す時給は6万円となり、あなたが1人でやるよりも2倍の時給を生み出すということになります。

しかもあなたはその時間、別のことができます。

こうやって時間あたりの価値を高めていくことで、あなたの時給は上がっていくわけです。

リッチはこうやって、生産的な時間を「作り出す」活動のことを、「超生産的な時間」と呼んでいます。

「生産的な時間」が、

・商品開発
・マーケティング
・ビジネス拡大のための時間

だとすれば、「超生産的な時間」は、

・商品開発のシステムを作る
・マーケティングのシステムを作る
・ビジネス拡大のためのシステムを作る

ということです。

あなたのビジネスの一部、または全部を、あなた以外の人ができるようにすること。

これが1つ目の「拡張性」です。

そしてあなたの強みにレバレッジをかける方法の二つ目が「アウトソーシング」です。

アウトソーシングは非常に間違って使われているビジネス用語の一つです。

リッチは間違ったアウトソーシングのことを「アウトタスキング」と呼んでいて、成果の出ない起業家はこの2つを混同していると言っています。

事業で成功するには、あなたは効果的なアウトソーシングの方法を知らなければいけません。

が、ほとんどの人はアウトソーシング対する間違った考えを持っています。

それは、最初に考える一つの質問から発生しています。

その質問とは、「どうすれば、最も安くやってもらえるだろうか?」というものです。

この質問からスタートしてアウトソーシングを始めると、たくさんの問題、イライラ、機会損失を引き起こします。

なぜならこの状態では、相手を、あなたの「作業」「タスク」をやる手足として使うことになるため、結果、相手はあなたの言うとおり、あるいはそれより少し劣るアウトプットを出してくることになるからです。

そのためあなたは彼らに細かく指示を出して毎回見積もりを元に料金交渉をし、そして彼らのアウトプットをチェックしたり、彼らがちゃんと仕事をするかどうかを「管理」しなければいけなくなります。

彼らはあなたの手足であり、あくまで「脳」はあなたから離れられないからです。

手足は「脳」の指示に従うだけです。

これはアウトソーシングではなく、アウト「タスキング」です。

さらに悪いことに、この「アウトタスキング」のパラダイムでは、新しい外注先に依頼するたびに、前の人よりも質が下がる、というリスクが発生します。

一方、アウトソーシングは違います。

アウトソーシングとは、あなたが持っていない専門知識を持っている人たちと、「長期的な関係を築くこと」を意味します。

「どうすれば、最も安くやってもらえるだろうか?」

というアウトタスキングの質問と違い、アウトソーシングに関する最も優れた質問は、

「どのようにして、長期的に●●をやってくれる人たちとの関係を保つか?」です。

これによってあなたはプロフェッショナルなアウトソーシング先と、本当の意味で「チーム」になります。

相手はあなたが望む「以上の」成果をもたらしてくれる、非常に力強いパートナーになってくれるのです。

私、中谷自身も、このリッチの教えに出会って、事業が大きく変わりました。

以前は「外注先」の仕事のクォリティに満足行かず、それに対して私が文句を言って、修正してもらって、、、というようなやり取りを繰り返し、非常に非生産的な状態になっていました。

売上も利益も上がらず、ストレスもかかりイライラしていました、、、

なぜなら「オレの言ったとおり仕上げてきてくれ」という、典型的なアウトタスキングになっていたからです。

ですがリッチから「アウトソーシング」の意味を学んでからは、超優秀なアウトソーシング先が力を貸してくれるようになり、私のビジネスの成長のために、アウトソーシング先が勝手にやり取りをして、プロジェクトを進めてくれるようになりました。

あるとき、こんなことがありました。

会社の銀行口座を見ると、いつの間にか残高が増えていたのです。

もちろん理由はすぐにわかりました。

ある仕事の納品が終わったので、クライアントからお金が振り込まれていたのです。

でも、そのプロジェクト。私自身は最初の打ち合わせに参加しただけで、ほとんど何もしていませんでした。

なので私はそのプロジェクトのことをすっかり忘れていたのです。

でもその間も、アウトソーシング先どうしが勝手にやり取りをして、プロジェクトを前に進めてくれていた、、、

結果、私自身がやるよりもずいぶんクォリティの高い成果物を作ることが出来たのです。

リッチに「アウトソーシング」を学んだおかげで、アウトソーシング先も、クライアントも、従業員も、私も、全員ハッピーになる。

そんな素晴らしいビジネスを持つことができました。

「拡張性」のあるシステムをつくり、正しく「アウトソーシング」を実施していく。

そして自分自身は自分の「強み」に集中する。

それによって自分の時給を最大にすることができるようになりましたし、仕事のストレスも大幅に減り、毎日充実して過ごせるようになりました。

リッチは、まさにこのようなことを考えることが、「起業家の仕事そのもの」だと言っています。(そのことを教えている人はほとんどいませんが…)

商品を作ることやFacebookの更新をすることは、起業家のタスクの一つではあるかもしれませんが、、、最も大事な仕事ではありません。

もっと大事なのは、システムやプロジェクトを管理(マネジメント)して、より大きな成果を生み出すことです。

あなた自身が「ワーカー」として働くことではありません。リッチはこう言っています。

「起業家は訓練されていないプロジェクトマネージャーである」

あなた自身が働くか働かないかにかかわらず、起業家は成果を生み出さなければいけません。

成果を生み出す仕組みを作った後、それでもその仕組の中のタスクのどれかが、あなたがやったほうがいい、あなたの強みが最大限に活かせる、という場合は、あなたがワーカーとして働けばいいということです。

だからこそ彼は、

「やった方がいいと言われていること」
「やった方がいいとあなたが思っていること」

をそのまま盲目的にやろうとするのではなく、起業家は自分の時給を知り、それに見合う役割を担うよう、導いているわけです。

「自分の時給を知ること」

起業家にとって、時間は最も貴重な資源ですからね。

Strategic Profits

リッチ・シェフレンの本、インターネット・ビジネス「マニフェスト」。通常定価2,980円のところ、今なら送料手数料のみで無料プレゼント中です。

既に2万2412人(4/22現在自社調べ)の起業家がこの本を受け取っています。
ご請求はこちらから

↓↓↓


商品説明


このページを見ているあなたなら、これまでたくさんのマーケティング情報や売上を上げるテクニックを勉強されてきたことでしょう。新しいことを学ぶのは刺激的ですよね。私自身もたくさんの本を読んだり、常に起業家達と交流したりして情報交換しています。きっとあなたと似たところがあるんじゃないでしょうか。

そんなあなたであれば、きっとリッチ・シェフレンのコンテンツがお役に立てると思います。

そして今日、私がこれを書いているのは、まさにあなたにリッチのコンテンツを「無料体験」してもらいたいからです。

彼は「これでドカンと売上が上がる!」とか「次はこのビジネスが儲かるぜ!」みたいなことは言いませんし、あなたもそんな話はもうウンザリでしょう。

そうではなく、、、

彼の提供する知識がほかと違うところは、本質的なことを教えてくれるところです。他の人のほとんどは、テクニックとか事例とか、そういう情報を提供していますが(そのほうがウケがいいので)彼は一般的にはウケの良くない、”思考法や考え方”を提供しています。

起きている事象の背後にあるセオリーやパターンなどを分析して、それを私たちに分かりやすいように見せてくれます。

そのため、彼の話を聞いているだけで思考力、分析力がついてくるので、表面的なノウハウなどは必要なくなり、自分自身の頭で考えて、事業を構築、成長できるようになるのです。賢い起業家に成長させてくれる、という感覚でしょうか。

彼の指摘は本質を付いているため、ジェイエイブラハムやダンケネディといった世界的権威たちが、彼のところに相談に訪れるのも納得です。私のビジネスパートナーでありこの本の出版社であるダイレクト出版という会社も、10億円の年商を50億円に伸ばすのに、リッチの考え方をかなり取り入れたそうです。

でもひとつだけ問題があります。

さっきも話したように、彼が提供してくれる知識は、一般の起業家にはウケが悪いのです…。マーケティング上級編のような感じですから、ただのノウハウではなく、自分の頭で考える必要があるものも多いですし、マーケティングの「マ」の字も知らないような人には向いていないかもしれません。

でもあなたならきっと気に入るだろうから、一度体験してもらいたい…

そこで、2980円で販売していたこの本「マニフェスト」を、無料で手に入れられるようにしました。

「マニフェスト」は世界中で少なくとも100万回ダウンロード(※Strategic Profits社調べ)された3部作のレポートを本にしたもの。米国のマーケティング事情に詳しい人なら誰でも知っている名著です。(日本でも既に2万2412人に読まれています ※4/22現在自社調べ)ぜひ体験していただきたいと思います。

今すぐ請求

このページにあるボタンをクリックして「マニフェスト」を無料で(送料手数料のみで)取り寄せてください。

Webマーケティングの事は一通り勉強しているけど、まだ満足していない…とか、もっと大きな成果を出したい…とか。あるいは起業家としてのステージを上げたい…と思うならピッタリです。

目次・章立て

第1章 インターネットビジネスマニフェスト
チャンス追求型と戦略型の起業家

インターネットで大成功する”秘密” 23
リッチ・シェフレンって誰? 23
なぜ「秘密」が公開されるのか? 25
大半のインターネットマーケターがもがき苦しんでる理由 26
インターネットビジネスを再考する 27
まだインターネットビジネスで大きな成功を収めることはできる 30
ビジネスの成功を阻む障害 32
貧相なビジネスデザインの結果、あなたはすべてをしなければならなくなる 35
フラストレーションとハードワーク、そしてちっぽけな結果 44
“誰かが言ったことをやる”のは、まったく戦略ではない 46
専門家でさえ、私の話を聞きに来る理由 48
あなたは自分の時間給を知っているか? 49
生産的な時間と、無駄な時間の違い 53
あなたの時給をアップさせる最も簡単な方法 58
レバレッジと拡張可能性はあなたを金銭的に豊かにさせる 58
少ない時間でより多くを生み出すコンセプト 60
アウトソーシングとアウトタスキングの違い 61
アウトソーシングをするとき、どちらの質問をしているか? 61
どのようにしてアウトソーシングを10倍収益性のあるものにするか? 62
あなたは訓練されていないプロジェクトマネージャーである 64
ビジネスの内部、外部でどのように仕事が行われるべきか? 64
アウトソーシングの指標 67
オンラインビジネス構築のまとめ 68
この章で最も強力なコンセプト 69
あなたはチャンス拡大の犠牲者になっていないだろうか? 70
チャンスは買わない、自分で作り出す 72
本物の起業家は、成功したチャンス追求型ではない 73
戦略的アプローチの第一歩 74

第2章 ミッシングチャプター
ビジネスにあなたの”強み”を活かす

どうしてこの章が生まれたのか? 77
眠れない夜が第1章の問題を浮き彫りにした 78
あなたは自分で考えている以上にチャンス追求型である 79
多くの人が間違えている2つの極めて重要な質問 80
目覚めのときである 82
戦略的思考が富への道である 83
どんなビジネスを始めるかという質問はどれだけ重要なのだろうか? 84
勝つためにプレーする、さもなければプレーしない 85
あなたは間違った場所からスタートしている 87
ビジネス戦略ではない、単なる商品開発のプロセスである 89
インターネットで富を築くためのより早く、簡単で、確かな方法 91
ワーカホリックになるためのレシピ 92
あなたの強みと情熱を活かせるようにゲームのルールを変える 95
新しいビジネスを始めるために強みにレバレッジをかけた 97
あなたが何も持っていないならば、これを押さえておこう 98
強みを使ってビジネスを差別化する 98
強みはどのようにして作られるのか? 99
あなたは自分の強みを知っているか? 103
ワールドクラスになる 106
あなたの強みをお金にする 107
強みを使うことによって助けを得ることを容易にする 108
強力なビジョンをつくるために情熱を使う 110
人は自分が信じているもののためならば、お金を犠牲にする 112
私や私のクライアントたちは無料で手助けを得ることができるのか? 113
天才チームを作るための最初の一歩 115
強みに基づいたビジネスでアウトソーシングやその他の問題が解決する 117

第3章 ファイナルチャプター
巨大企業アゴラ・パブリッシングの裏側

狂ったような3ヶ月 121
インターネットビジネスのエンジンを探る 124
ビジネスの構築が十分でない理由 126
誰も買うことができない最高のビジネス上のアドバイス 130
インターネットビジネスにおける3つの大きな嘘 136
ビジネスのやり方は大きく変化している 138
私を有名にした図はライフスタイル神話に基いていた 140
ビジネスを成功に導く重要な要素 143
ビジョン、強み、情熱 147
リソースが乏しいとはどのような状態か? 149
ジョイントベンチャーを行わない場合、マーケットは拡大するか? 154
現象その1-同じ人物が複数の顧客リストに載っている 157
現象その2-暗黙のアライアンス 160
アライアンスパートナー: インターネットマーケティングの「隠された嘘」 161
築400年のフランスの城における会議はインターネットを永久に変える 163
世界で最も成功しているダイレクトマーケティング企業を明らかにする 164
強力なマーケティング戦術:アゴラ・スタイル 166
ダイレクトレスポンスの巨大企業はフロントエンドの創出にフォーカスする 174
競合情報分析ーあなたは見られている 175
バーゲン価格で最も有望な見込み客を獲得するためのPPCの活用 181
マーケティングとセールスの違いは何か? 183
バックエンドに移る:最初の販売の後、どうなるのか 188
バックエンドの目標:発情客かハイパーレスポンシブか 194
顧客価値を知らない?潜伏期間と顧客ライフサイクルを使え 200
なぜあなたは現在、最高の顧客と最悪の顧客を失っているのか? 204
一貫性があるとき、あなたはモデルを持っていると言える 207

読者の声

個人の感想であり成果や効果を保証するものではありません。

※過去にはDVD付きで販売しておりましたが、現在DVDは付属しておりません。



著者・監訳者紹介

著者:リッチ・シェフレン

ストラテジック・プロフィッツ代表。ビジネス戦略の構築を得意とする米国の起業家。
彼の世界トップレベルのマーケティング戦略は、自らのビジネスはもちろん、数多くのクライアントのビジネスを成長させてきた。
元々、リッチ・シェフレンは、世界5大会計事務所の一つであるアーサー・アンダーセンで戦略企画担当としてキャリアを開始したが、1994年、病気の家族が経営していた潰れかけの服飾店を救うためにアーサー・アンダーセンを退社する。
初めて関わるファッション関連のビジネスだったにも関わらず、売り上げを3年で、約1億5000万円から6億5000万円に急増させる。ちなみにこのファッションビジネスでは、彼の元スタッフがその後プラダの副社長やディーゼルの社長にまでなっている。
その後、催眠療法センターのビジネスを立ち上げ、4年で約7億円のフランチャイズに成長させたあと、インターネット・マーケティングの世界でも頭角を表し、7つの無料レポートを起点にネットだけで35億円以上を売り上げる実績を残す。
ダン・ケネディやジェイ・エイブラハムといったマーケティング界の世界的権威や、グーグルやマイクロソフト、ヤフーなどの大企業からもアドバイスを求められており、他のマーケッターとは一線を画す存在である。
※全てStrategic Profits社調べ

監訳者:中谷 佳正
WEBマーケティングコンサルタント/ビジネス戦略のコーチ
1977年生まれ、現在は本業のWEB制作会社を経営しながら、リッチ・シェフレンのナビゲーターを務める。
25歳で仲間と共にWEB制作会社を立ち上げ、従業員24人の会社をたった1人の営業で売り上げを上げるという経験を元に28歳で独立。
現在の有限会社WINKSを設立し、上場企業を含めたクライアント640社以上にコンサルティング・アドバイスを行ってきた。創業初期の会社から年商1億円未満の会社、年商100億円を超える大企業まで、多くの経営者からビジネス戦略のコーチング依頼を受けている。
その経験や蓄えた知識を買われリッチ・シェフレンのナビゲーターに指名され、さらなる経営戦略支援を実現するべくセミナーや勉強会を開催している。

商品サービス一覧


リッチシェフレン

グーグル、ヤフー、マイクロソフトなど、大手インターネット関連企業へのコンサルティングを行うネットマーケティングの第一人者。ビジネス戦略の構築を得意とする起業家で、マーケティングの世界で巨人と言われているダン・ケネディ、ジェイ・エイブラハムたちとパートナーシップを取り、指導を行っている。そんな経歴からリッチはグルズ・グル(Guru’s Guru = 先生たちの先生)と呼ばれる。

リッチシェフレンの記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading