トップ > ブログ >  > 四畳半でフェラーリ

四畳半でフェラーリ

2019.3.15 | ,
  •  

From:北岡秀紀

先日、四畳半のアパートで暮らしながらフェラーリに乗っているという人に会いました。
普通のサラリーマンなので一般的にはフェラーリを買えるような所得はもちろんありません。

が、住むところだけでなくあらゆるものを節約し、全てをフェラーリに費やしているわけです。

超アンバランス。
実際、「こういうのは余裕のある人が乗るもの」みたいなイヤミもよく言われているようです。

けど、私から見るととても幸せそう。
子供の頃から憧れていた自動車を買った。
さらに、買った自動車に毎日嬉々として楽しんでいる。

夢を叶えるプロセスもそうですが、叶えた夢を味わえているわけですから…
「起業します!」と言いながら一歩踏み出さないやつ、「●億円いきます!」といいながらなんもしない社長なんかと比べたら何億倍もステキだと思います。

クルマに全く興味がない私ですが、彼がフェラーリについて語っている時間はとても楽しかったです。
今度、フェラーリに乗る人が食べそうな美味しいものでも奢ってあげようと思います。

お金があるから買う?

前置きが長くなりましたが
「お金がある人を対象客にしよう」
ビジネスをしていると金科玉条のように言われること、です。

けど、四畳半でフェラーリの彼のようにアンバランスにお金を使う人もいます。
つまり、お客さんが「本当に欲しい」と思っているなら何とかしてでもお金を払うんです。

実際、有名なコミュニケーションメソッドはすべての資格を取ろうと思うと、1000万円近くかかります。
そこに来ている人たちは、決してお金持ちではなく普通のOLやサラリーマン出身者だったりします。

また、我々のセミナーにも背水の陣を敷いて借金してきた。
で、学んだことを実践して借金を全て返したなんてことを言うツワモノもいます。
(成功してからの武勇伝だからいいですが、本来は借金してセミナーはダメですよ。)

と考えれば、「お金があれば買う」という単純な図式でもありません。

お金がなくても買う人は?

当然、お金があるお客さんを対象にするのが最も成功率が高い方法。
それは間違いありません。

けれど「『もしお金がなくてもなんとかして買う』ならばそれはどんな人か?」を考える。
それも大きな意味があることです。

儲かるお客さんは誰かと考えるのではなく、欲しいと言ってくれるお客さんってどんな人なのかを考えます。
当然、答えが全く違ってくるからです。

もちろん最終的には「やっぱりお金のある人をお客さんにしよう」という決定になるかもしれませんが、メッセージが大きく変わる可能性は大いにあります。

この話に限らず教科書的な正解も大切ですが、その正解が間違っているとするなら?と考えてみると…
全く違う観点で自分のビジネスを見られるはずです。

遊びと思ってお試しいただければ、と。

-北岡秀紀

<お知らせ>

90日で集客の仕組みを作る方法

もし、あなたが集客のために
チラシを出してみた
新聞折り込み広告を入れてみた
HPを作ってみた
ブログを作って見た
など色々やってみたが、
効果があがらないと感じているなら、このページで集客に成功した社長が行ったある方法を確認してみてください。

https://in.theresponse.jp/direct_lp

北岡 秀紀

マーケティングコンサルタントであり、コンサルタントを指導するコンサルタントでもある。これまで約900以上のクライアントのコンサルティングを実施し、数々の店・中小企業・オンラインショップの売上改善を果たす。その成功率は91.7%を誇る。(2011年10月現在)単に机上の空論ではなく、「自身で実証済みのノウハウだけを伝える」ことを信条としている。年商1億円を突破したい社長向けの情報サイト『オクゴエ!』を主宰。また、自身のノウハウを受け継ぐコンサルタントを育てるプログラムを主催しており、一人あたりの参加費は350万円という超高額にも関わらず、申込が殺到。参加希望者の77%以上を断っている。

北岡秀紀の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading