トップ > ブログ >  > 売上が2倍になったら…

売上が2倍になったら…

2016.4.15 | , ,
  •  

From:北岡秀紀

From:北岡 秀紀

「あと2倍売上があったら、あのお客を切るのに…」

理不尽なクレームを言うお客。価格以上の尋常じゃないサポートを求めてくるお客。おかしな値切り方をしてくるお客っていますよね。冒頭の言葉はそんな「不良客」に悩まされている社長がポツリと言った一言です。もうちょっと売上をアップして力をつけたら不良客を切る…これは至極もっともな感じがします。

でも、このままこの社長のいうとおり売上が2倍になったとしても、「あと◯千万円売上があったら…」言い続けることになることは目に見えています。

問題は売上に比例する。でも利益は…

なぜなら…なぜ今、不良客に悩まされているのか?を全く考えていないからです。

不良客に悩まされている会社は、そもそも不良客が入ってくるような集客の仕組みになっていることが大半です。もちろんどんなやり方をしても一定数は混ざります。が、不良客にエネルギーを取られすぎている会社の場合。その比率がやや高い可能性が大です。

なので、今の仕組みのまま売上を倍にすれば不良客の数も倍になります。もちろん売上に比例して利益が増えていれば、それに任せて不良客を切ることもできるのですが。売上が倍になったら利益が倍になる…なんてことはまずありません。

売上が増えれば人も増えます、もろもろ経費も増えます。売上が2倍になっても残る利益はせいぜい1.5倍でしょう。(規模などにもよりますが、これでも優秀でしょう。)一方で不良客の人数は倍。精神的コスト、対応コストだけは幾何級数的に増えていくことになります。

売上アップは問題解決にならない

もちろん不良客の話はあくまで一例。

ここでお伝えしたいことは、売上アップは問題解決の切り札にはならない、ということ。なぜなら現状あなたが抱えている問題は売上と比例して、もしくはそれ以上の加速度で増えていくからです。社長は「もう少し売上があれば◯◯できるのに」と考えがちです。でも、数々のクライアントの事例から、売上アップしてもあなが希望する◯◯はできないことはまず間違いありません。

ですから、「今、◯◯するにはどうすればいいのか?」と質問を変えてみてください。そうすれば、全く違う突破口が開けてくるはずです。

– 北岡 秀紀

追伸

ちなみに…上記の社長には、不良客をひとり切ってもらいました。結果、別の優良客との契約が決まりました。詳しい経過は省きますが、不良客を切ったおかげで、時間ができて社長が本来やるべき仕事に取り組めるようになったからです。

北岡 秀紀

マーケティングコンサルタントであり、コンサルタントを指導するコンサルタントでもある。これまで約900以上のクライアントのコンサルティングを実施し、数々の店・中小企業・オンラインショップの売上改善を果たす。その成功率は91.7%を誇る。(2011年10月現在)単に机上の空論ではなく、「自身で実証済みのノウハウだけを伝える」ことを信条としている。年商1億円を突破したい社長向けの情報サイト『オクゴエ!』を主宰。また、自身のノウハウを受け継ぐコンサルタントを育てるプログラムを主催しており、一人あたりの参加費は350万円という超高額にも関わらず、申込が殺到。参加希望者の77%以上を断っている。

北岡秀紀の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading