トップ > ブログ >  > 成果を出した人の共通点。「実行」ではなく…

成果を出した人の共通点。「実行」ではなく…

  •  

From:北岡秀紀

「インターネットマーケティングコンサルタント養成講座」の受講生から立て続けに成果報告をもらっています。この成果を出した方には面白い共通点があることに気づきました。言っていることをそのまま愚直に実行したから…とかそういう話ではありません。

実は、全員、インターネットマーケティングコンサルタントとしてではなく他のビジネスで成果をあげているのです。

私は講座の冒頭で「インターネットマーケティングコンサルタントはあくまでひとつの手段であって、もし起業して成功できるならそれにこだわる必要はない」ということを言います。しかし、参加者の大半はインターネットマーケティングコンサルタントで成功することにこだわります。

成果報告をくれた人たちも当初はみんなそうでした。なぜならそれ以外で稼ぐためのネタなんてないから、と勘違いしていたからです。でも、深掘りして考えていくとマーケットから見て価値のある経験をされていて、それを教える方がいいんじゃないの?という結論になったのです。

売り物が決まれば簡単。
講座で学んだマーケティングの知識を使いつつ、自分の資産を売ることによって一気にブレイクしたというわけです。

宝の山に気づいてますか?

さて、この話、勉強熱心な社長も同じようなワナに陥ります。

いろいろ勉強して仕入れた知識や新しいノウハウ、こういうものを見るとどうしても試したくなります。もちろんどんどん試していくという姿勢は重要です。でも、それらの知識やノウハウを使うこと自体は目的ではありません。
稼ぐこと、もしくは、稼いだお金でやりたいことを実現することが目的です。

その目的を果たすためには、自分の会社の中にある資産を見直す方が早い、ということが少なくありません。

例えば、
・社長自身が積み重ねてきた経験
・名刺
・経験を積んだスタッフ
・お客さんとの関係性
・お客さんからの評価
などがキャッシュに変わります。

自分自身が持っているものは、自分にとっては当たり前。だから、大したことのないように思えます。でも、他から見ると宝の山だったりします。

隣の芝生は青い。でも、あなたの芝生も…

例えば、「USPを作る」なんて言い方をしますが、正しくは「見つける」ことが大半です。

・お客さんからポロっと言われたことのある評価
・自分たちが当たり前のようにやっていたことが実は他社ではやれていないこと
これらを言語化しただけだったりします。

新しい知識、ノウハウも、結局、そういう目に見えない資産があってこそ活きます。ただ、うまくいった方法を真似ればいい、というものではありません。

隣の芝生はいつでも青いものです。でも、その芝生が青いのは、自分たちができないことだから。そして、隣の家の土壌があるからこそだ、ということです。

あなたにはあなたの庭の芝生があります。その芝生は隣からみれば青いってことです。

北岡 秀紀

マーケティングコンサルタントであり、コンサルタントを指導するコンサルタントでもある。これまで約900以上のクライアントのコンサルティングを実施し、数々の店・中小企業・オンラインショップの売上改善を果たす。その成功率は91.7%を誇る。(2011年10月現在)単に机上の空論ではなく、「自身で実証済みのノウハウだけを伝える」ことを信条としている。年商1億円を突破したい社長向けの情報サイト『オクゴエ!』を主宰。また、自身のノウハウを受け継ぐコンサルタントを育てるプログラムを主催しており、一人あたりの参加費は350万円という超高額にも関わらず、申込が殺到。参加希望者の77%以上を断っている。

北岡秀紀の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading