トップ > ブログ >  > セールスレターで興奮!

セールスレターで興奮!

  •  

From:寺本隆裕

 ダイレクト出版

大阪の自宅より、、、

読んでいて興奮するセールスレターと、そうでないセールスレターは何が違うのか?
興奮するということは感情が動くということ。
「欲しい!」という欲求がかきたてられるということ。

だから、セールスレターでは、読み手を興奮させればさせるほど売れる、ということになるのですが…
でも、その2つの違いは何なのでしょうか?
そして、読み手を興奮させられるセールスレターが、どうすれば書けるのでしょうか?

いろんな意見があるでしょうが、重要なことはこの一点に集中します。それは、、、
商品が何であるか、だけでなく、それを買うことによって見込み客がどんな「結果」を得られるのかをイメージさせられているかどうかです。

実際のところ、あなたの売っている商品やサービスは、結局、見込み客が得たい結果を得たり夢を実現するための「手段」でしかありません。

現状 →→→→(商品)→→→→→ 得たい結果・夢

そして究極のところ、見込み客が得たいのは、
「痛みから解放される」「欲求が満たされる」
といった、何らかのプラスの感情の変化。

だから、見込み客にとって重要なのは(購買の決定を左右するのは)、
商品そのものが何であるか、
ではなく、その商品を買うことによって、
「何が得られるのか」「どうなるのか」
ということです。

それが「うまく」描写されていればいるほど、読み手の心が動くようになります。
「うまく」のヒント:あまり露骨にやると逆効果です。また、約束する結果を信じられる範囲にとどめることや、結果をストレートに言わず「暗示」させることがポイントです。

でも多くの興奮しないコピーは、「この商品が何であるか」ということの説明にとどまっていて、
その商品を買うことによって得られる結果をイメージすることを見込み客に委ねてしまっているのです。

例えば、ブレット(箇条書きで示した、商品のメリットの羅列)部分に、
「・~~とは?」
と書かれてあるセールスレターを見かけることがよくあります。

・売れるセールスレターのポイントとは?
・儲かっている企業がやっていることとは?
・ダイエット成功のポイントとは?
などなど。

しかし「~~とは?」
というのは、この商品は何なのか?あるいは何が書かれているのか?という、単なる商品の内容「そのもの」の説明です。

この商品は、**です。**が書かれてあります。**を知ることが出来ます。**という特徴があります。
それじゃぁ、強く感情が動くことはありません。

「結果」をイメージさせるためには、
この商品は、**です。これによりあなたは、○○○○○○が得られます。
の○○○○○○部分をきちんと示すということ。
そして、何が見込み客の得たい○○○○○○なのか、を、知っておくということ。
これが必要です。

さて、あなたのセールスレター。読んだ人を興奮させるために、今日、何をする??

ダイレクト出版

PS セールスレターで読んでいる人を興奮させるために、このセールスレターテンプレート(無料)も使えますよ。

https://www.theresponsecopy.jp/sltemplate/

寺本 隆裕

ダイレクト出版取締役。セールスライター兼マーケター。クライアントのためにセールスライティングを請け負う場合、プロジェクト1件で、一流企業のエリートサラリーマンの年収を軽く超える額をチャージ。さらにそこから売上からのロイヤリティがかかる。これほど日本で最高クラスの料金設定にもかかわらず「書いてください」という人が後を絶たない。著書には『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』『ダン・ケネディから学ぶ「稼ぐ社長」の作り方』(集英社)がある。

寺本隆裕の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading