トップ > ブログ >  > 今年あなたは何をすればいいか?

今年あなたは何をすればいいか?

  •  

From:中谷佳正

明けましておめでとうございます。
今日は4日ですが、僕のメルマガは今年の1発目ということで、どうぞ本年もよろしくお願いします。

お正月なんですが、元日の午前3時から長女がフラフラと起きてきて気持ち悪いと言い出しゲロゲロし始めました、、、なので僕の最初の仕事は、お掃除とお風呂から(笑)なかなか豊かな経験をしている訳ですが、あなたは順調なスタートを切ることが出来ていますか?新年なんで計画や目標設定の話が多いと思いますが、もうやったよというあなたも、いやこれからという方も後でお話しする質問が、その目標、これから立てる目標に当てはまるかチェックをしてみてください。。。その質問に当てはまらなければ、せっかくその目標通り動いても、全く無駄な時間を過ごす事になるかも知れません、、、

何をすれば良いか?では仕事が増えるだけ

目標設定をする時に、よく考えがちなのは「何をすれば良いか?」という質問をしてしまうことです。一人よりも複数で、、、とブレインストーミングなんかをしながら、あーでもない、こーでもないってやるかもしれないですが、それでも適切な目標を設定する事は実は難しい方法だったと知っていましたか?
なぜなら、何をすれば良いか?という質問をして出てくる答えは、制限がないため、極端なことを言えば、本当に夢を描くような話になってしまったりすることもある。簡単に言えば、やらなくても良いことを目標に立てて、実行してしまう可能性があるという事です。
例えば、Facebook広告が流行ってるみたいだから、やった方が良いってことでトライしてみるわけです。。。でも、、、あなたの見込み客は本当にFacebookを使ってるんでしょうか?Facebook経由で購買行動に至るようなビジネス環境や生活を送ってる人達でしょうか?ちゃんとリサーチをした結果、Facebook広告が有効って分かってるならいいんですが、やった方が良いかもしれないという理由だけで目標設定してやろうとするのなら、それはやめた方がいいですね。

質問は何が障害になっているか?が適切

だから、あなたが目標を設定する時にした方が良いのは「何が障害になっているか?」という質問。障害をどんどん書き出していくと、さらに出てきた障害を克服する為に克服すべき障害という事が見つかるようになっていきます。すると、どんどんと目標が明確になっていくので、あなたは行動ができるようになるはずです。
これは、セールスライティングなんかで言われているのと同じで、人は明確になればなるほど行動に移せるようになるという訳。あなたの目標がビジネスの障害に対して明確であればあるほど、前向きに行動ができるようになるってことです。。。

目標の条件

お正月ですので、目標設定する際に知っておくと良い目標の条件もお伝えしちゃいますが、、、あなたが障害を克服するのに立てる目標が、この条件を満たしているかどうかチェックしてみてください。

目標が障害に対して一時しのぎは✖
目標が障害を取り除くことはできなくても、回避できれば問題はない
目標を達成しようとすることに対して、努力しようと思える事である
目標は実現できるもの
目標は計測可能なもの

この条件を満たすことができる目標を設定するようにしてみてください。。。そうすれば、あなたは望む成果を出すことができるようになるはずです。

最大のモチベーションは達成である

ちなみに、アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグが提唱したとされる動機づけ・衛生理論によると、達成というのは人を満足させる要因としては一番のものだそうです。要するに目標を設定して、その目標を達成しようとすることは、人間にとって非常に大きなモチベーションになるってこと。。。だから、今日のこの話を聞いて、真面目に何が障害になっているか?を書き出して目標設定すれば、自然とこの一年はモチベーションを切らすことなくビジネスを進めていける。。。

新年の「やるで!」っていう気持ちを失うことなく、清々しい気持ちで今年の年末を迎えたいのなら、ぜひ試してみて欲しいと思います。

今年もあなたにとって豊かな1年でありますように

-中谷佳正

P.S.やる事を減らして、最大の成果を上げるためにはどうすればいいかをこの1年考えると、来年の今頃のあなたは今までのあなたとは全く違う世界が見えているかも知れません、、、

P.P.S.もしあなたが、一人では今思い描いている目標を実現できないと思っているなら下のアドレスをクリックしてみてください。

https://www.winks.jp/bfp/

*こちらは有限会社WINKS様のお知らせとなります

中谷 佳正

Web制作会社 有限会社WINKSの代表。独自の手法で売上を上げるホームページを作る方法を確立し、いままで630社以上のWeb制作、運営に関わる。現在は、Web制作会社の経営と、同業社向けに売れるホームページを作るための中谷塾を運営、人気を博している。リッチ・シェフレンのナビゲーターでもある。

中谷佳正の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします