トップ > ブログ >  > 高級クラブで集客した話…

高級クラブで集客した話…

2019.5.13 | ,
  •  

From:西埜巧祐

@心斎橋のスタバより・・・

「俺、起業当初は高級クラブで集客したよ」

とある友人の起業家が話してくれた。その人は、結構成功している人です。海外にも家を持っていて、世界中で仕事をしていて、持っているブランドは高いものばかり。その人を交えて、4人くらいで話していた。

ある人は「キャバクラやクラブはいかねーな」みたいな話をしていた時、「そういえば、俺は昔、高級クラブやキャバクラで集客をしてたなぁ」と言ったのだ。おいおい、めちゃ面白そうな話するやんけ。と西埜は思ったわけです。

高級クラブで集客??なんで??

「なんで高級クラブで集客していたんですか?」
そりゃ、そうなる。一般的にクラブに行くことは、「遊んでんな」とかマイナスのイメージを持たれやすい。派手にボトルをおろしていたら、それこそだ。ちなみに、その人はボトルをおろしていた。それも結構ね・・・^^;

ボトルは下ろす。週4で高級クラブやキャバに行く。一見、ビジネスどころか遊び人という印象しか持てない。じゃ、なんで彼は行ったのか?理由を聞いたら、すごい納得した。なぜなら、、、

「理由は簡単で、俺のお客さんが、そこにいるからなんだよ」

という理由だった。彼の仕事は資産形成。つまり、富裕層がターゲットなわけだ。じゃ、その人たちはどこにいるか?1つが高級クラブやキャバクラだったということです。なので、彼がやったマーケティングは、「ホステスさんを味方につけること」だったのだ。

ボトルをおろす。もちろん、それだけじゃなく、ホステスさんを楽しませる。そして彼女たちに、本を配らせたのだ。その結果、興味がある人が増えて、クライアントが増えたのだと・・・。

「高級クラブやキャバに行くお金は広告費と変わらない」

と、彼は言っていた。

こういう方法もあるんやな

よくダン・ケネディはマーケティング成功の3原則として、「3M」という話をします。マーケット、メッセージ、メディアという3つです。どんなお客さんに、どんなメッセージを、どのメディアを使って伝えるのか?ということです。

彼の場合、お客さんは富裕層。そして、彼らに資産形成の仕方を教えるわけです。ですが、その情報を伝える方法は難しいわけです。普通の広告では、どうしてもターゲットじゃない人も混ざります。

そこで彼が選んだ方法(メディア)は、キャバクラだったわけです。ぶっ飛んでいますが、彼の結果を見る限り、成功だったのでしょう。

注意:高級クラブやキャバクラ行こうぜ!ではない笑

んなわけはない笑

ここで話したいことは、お客さんにメッセージを伝える方法は、こういうやり方もあるんだということ。メディアというと、オンライン・インターネットで伝えるとかを考えがちです。ですが、それだけじゃないのです。

このようにオフラインのメディアを考えることも、立派なメディアなわけです。なんなら、訪問販売だって有望なメディアです。

ポイントは1つ。お客さんが決まっていて、メッセージが決まっている。じゃ、どうやってお客さんにメッセージを伝えるか?そのメディアを考えてみましょうということです。

もっと珍しい人なんか、クラブ(踊る方のクラブ)のVIPにいる人を狙っていた人もいた笑。集客のやり方が、僕らが考えているものと違いすぎて、とても面白かった。

なんであれ、創意工夫が必要。簡単な方法もありますが、このように原則を踏まえて考えると、「意外な集客手段」を見つけることができるかもしれません。いつもと違い、珍しくアングラな話をしました。

-西埜巧祐

PS
ダイレクト出版は、そんな接待や集客方法はしません。

PPS
そしてもう1つ注意。それは、売れるメッセージがなかったら、うまくいかないということです。

「効果的な集客方法はなんですか?」

と、よく聞かれます。今回のケースでいえば、

Q.「富裕層を狙いたいのですが、どこで集客をすればいいですか?」

(今回のケース)
A.「キャバクラかクラブ」

という話になります。ですが、それをただ実行しても意味がありません。確かに、そこも重要ですが、もっと重要なのは、メッセージです。セールスレターやどんなメッセージを発信するかで決まります。

仮に、売れないメッセージを発信していたら、お金が飛ぶだけです(キャバクラでボトルを下せば、それなりにお金が飛びますからね。広告だったら、クリックされるたびにお金が減ります)。

集客方法に目を向けるよりも、まずはメッセージに目を向けましょう。

<お知らせ>

■■15日(水) 空いてませんか?

✔︎ 新規のお客がもっと集まる…
✔︎ 高額商品が今よりも売れる…
✔︎ 社員も売上をあげる即戦力に…

そんなメソッドを3時間で
速習することができるセミナーに
あなたを無料でご招待します

【ザ・レスポンス】のメルマガを読んでいる
勉強熱心なあなただけの特別なご案内です。

こちらから、セミナーの詳細を確認して
予約を確定してください。

体験セミナーの詳細を確認する!

※別の日程もございますので、
興味がある方は、詳細をご確認ください

 

西埜 巧祐

2012年にダイレクト出版に入社。1つの商品の販売プロジェクトで3000万円以上を売上げたり、企画したセミナーを告知後8時間で140名(満席)集客したり、年間120万円もするコンサルティングを満員にするなど、、高額商品・セミナーの販売で数々の実績を残す。また、自身が担当した高額セミナーの集客を毎回成功させ、その手順をマニュアル化。現在、それを使ってダイレクト出版の他のマーケッターも、セミナーの集客を行っている。現在は【ザ・レスポンス】のブランドマネージャーとして、プロモーションの企画、運営、商品の開発、人材教育を担当している。

西埜巧祐の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading