名作

2017.3.21 | ,
  •  

From:山田光彦

今日は広告やセールスレターを書くときのコツを1つ、ご紹介します。
では、早速いきましょう。

名作:不思議の国のアリス

1人の少女アリスが不思議の国に迷い込む。そして、言葉が話せる動物たちなどと出会い冒険を繰り広げていく、不思議の国のアリス。聖書やシェイクスピアについで、多数の言葉に翻訳している作品といわれるほどの名作です。ディズニーが映画にしたりもしていますよね。

きっとあなたも詳しい内容を知らなかったとしても、タイトルぐらいは聞いたことがありますよね。

この名作、不思議の国のアリス。実は、作者と仲が良かった家族の娘・アリスのために作られたもの。作者は、アリスのために、「アリス」という名の少女の冒険物語を語って聞かせていたようなのです。その話をアリスが気に入り、作者に「物語を書き留めてほしい」と頼んだことが、この作品の誕生のきっかけになりました。

ビートルズ:Hey Judes

諸説あるようなのですが、ビートルズの名曲:Hey Judes(ヘイ・ジュード)。この曲は、ジョン・レノンが離婚することがほぼ決まったとき。ジョンレノンの長男のジュリアン(愛称がジュード)を励ますために作られた曲だと言われています。

他にも、亡くなった友人や母などに送るために作られた名曲というのは、たくさんありますよね。

実験:アフリカの子供たちへの寄付

アフリカの子供たちへの寄付を募集するときに、ある実験が行われました。

1つのグループには、アフリカの子供たちが直面する問題を統計情報で示し、寄付を依頼しました。もう1つのグループには、アフリカに住む7歳の少女が深刻な飢えに脅かされているという、個人的な内容を伝えた上で、寄付の依頼をしたのです。

結果、1人の少女の個人的な内容を伝えたときの寄付額は、統計情報を伝えたときと比べて、2倍以上になりました。

みんなのためのものでは、人の心は掴めない

もちろん、すべてのものが特定の個人を対象にしたものではないでしょう。でも、この方法が、とても効果的な方法だとしたら、、、

あなたがセールスレターや広告を書くとき。誰かひとりを対象に書くとしたら、、、
統計などの抽象的な話ではなく、具体的で個人的な話を書くとしたら、、、

誰のために、どんなことを書きますか?
そして、誰の心を掴みたいですか?

ー山田光彦

山田 光彦

【ザ・レスポンス】の責任者兼チーフ・セールスライター。以前は、司法書士として事業をやっていたが、顧客を集める重要性を痛感し、セールスライターへ転身。現在、ダイレクト出版のマーケティング部門の事業部長を務める。

山田光彦の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします