プロ

  •  

From:山田光彦

パブロ・ピカソ。

あなたもご存知の通り、世界でもっとも有名な芸術家のひとり。
1枚の絵が、200億円(1億7900ドル)で落札されたこともあるような、とんでもない作品を残した巨匠です。

このとんでもない実績を残したピカソ。
生涯でどれぐらい作品を作ったと思いますか?
少し考えてみてください。(きっと意外な数字だと思います)












ヒント:
ピカソは92歳まで生きています。
結構、長生きですよね。










答え:
14万7,800作品。

1万4000じゃありません。14万です。
92年は3万3,580日なので、1日だいたい4.4作品ぐらい作っていたことになります。0歳から作品を作れるわけではないので、実際は1日でもっとたくさんの作品を作っていたんでしょう。なかなか驚異的な数字ですよね。

つまり、質の高い作品を1つ1つじっくり何年もかけて作っていたのではなく、大量の作品をどんどん作り出していたわけですね。

ある意外な実験結果

陶芸クラスを2つのグループに分けて、ある実験が行われたようなんです。1つのグループは作った作品の量を評価する。もう1つのグループは作った作品の質を評価する。そんな2つのグループを作って、作品を提出してもらった、と。

その結果、提出された作品の一番質が高かったものは、すべて量を評価するグループから提出されたものだった、、、という、実験結果もあるようなのです。

質を求めるなら”質より量”

あなたの仕事の質を高めるために、量が重要になるなら、あなたはプロとして、、、

これから何を実践していきますか?
それをどれぐらいのスピードで、大量に実践していきますか?

PS.
今回はちょっとシンプルに短く書いてみました。

PPS.
僕も、もっとセールスレター書かないとね。。。

ー山田光彦

山田 光彦

【ザ・レスポンス】の責任者兼チーフ・セールスライター。以前は、司法書士として事業をやっていたが、顧客を集める重要性を痛感し、セールスライターへ転身。現在、ダイレクト出版のマーケティング部門の事業部長を務める。

山田光彦の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします