トップ > ブログ >  > 季節と結びつけてレスポンスを増やす方法

季節と結びつけてレスポンスを増やす方法

  •  

From:ダン・ケネディ

From:ダン・ケネディ

先週まで、私が好きなテーマのひとつであるダイレクトメールについて話をしてきました。その中でも、オープニングに欠かせない3つの秘訣をお伝えしました。

これに追加して、4つ目の秘訣をお伝えしましょう。それは「季節と結びつける」ということです。適切に行えば・・・の話ですが。

一般的に人々は、祝祭日に対して非常に敏感であり、祝祭日とはっきり結びつけたオファーに対して、レスポンス率が非常に高くなるという傾向があります。

ここでもう一度、家事代行サービスの例を挙げます。私なら、季節に結びつけた2つのビジネスチャンスを真っ先に思い浮かべます。春とクリスマスです。

例えば、

「ご自宅の春の大掃除プランを半額で提供します。さらに、驚くほどの低価格で、主婦業という仕事を完全に辞める方法をお伝えします。」

あるいは…

「春の大掃除の季節ですが、お忙しいですよね。今回、そしてこの先ずっと、主婦業という仕事をしなくてすむ方法をお伝えします。」

もちろん、10月にも同じアプローチが使えます。感謝祭(アメリカでは11月の第4木曜日)やクリスマスシーズンに向けて自宅を掃除するからです。

まずヘッドラインで話の内容を打ち出し、興味を持ってオープニングを読んでもらえたら、次は、コピーを使ってあなたのプロポジション(提案)を売り込まなければなりません。

ここで間違えてはいけません・・・コピーが売り込みをするのです。

多くのアマチュアコピーライターやプロでも怠け者のコピーライターは、コピーは短くして「余白」をたくさん残すべきだと主張し、顧客にどのくらいコピーを読んでもらえるか不安だと言い張ります。

しかし、興味を持った人というのは、興味深いオファーについてなら、コピーの内容はすべて読んでくれるのです。

長すぎるコピーというのは存在しません。コピーがまったく面白くないということはあるかも知れません。コピーが難しくて読みにくいこともあるかも知れません。

コピーが間違ったターゲットに向けて書かれることもあるかもしれません。しかし、コピーが長すぎるということは絶対にありません。

コピーを書くときには、ちょっとしたコツがあります。読みやすいコピーにして、どんどん読み進めてもらうためのコツです。

また、このコツはコピーを流し読みしたり、長い/短いに関わらずコピーを読まない人に対して売り込むためのコツでもあります。

このコツについて、来週の投稿でお伝えします。

ダン・ケネディ

ダン・ケネディは、毎年100万人以上の中小企業、大企業のビジネスオーナーや起業家に影響を与え、世界一多くの億万長者を生みだしている。そんな彼のことを、アメリカで最も億万長者を生んだ人として、「億万長者メーカー」と呼ぶ人もいれば、「21世紀のナポレオンヒル」と呼ぶ人もいる。 「日本一のマーケッター」にも選ばれた神田昌典氏も、彼の著書を監修し、絶賛のコメントを寄せている。

ダン・ケネディの記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading