トップ > ブログ >  > 15万円の値がつけられた「成功の秘訣」

15万円の値がつけられた「成功の秘訣」

  •  

From:小川忠洋

  • 6000億円の男が明かすたった一つの成功の秘訣とは?
  • 何故、たった一枚の封筒に15万円もの価格がついたのか?
From:小川忠洋

今日は、テッド・ニコラスに関するとても面白い話をしようと思う。

この話を聞いた後は、きっとあなたも今まで以上の行動力で、求める結果を手に入れる力を手にする事だろう・・・

言い過ぎ?ま、それは話を聞いた後に判断してみて。今から10年以上前の話だけど、テッド・ニコラスはあるマーケティングセミナーに講師として呼ばれていた。そのセミナーはダイレクトメールを6億通送ったという世界最高のコピーライター、ゲーリーハルバートが開催したものだった。

そのセミナーの最中、QandAの時間になってテッドが聴衆から質問を受けていると、こんな質問が飛んで来た、、、

「あなたの今までの人生の中で、成功の秘訣をたった一つあげるとすれば、それは何ですか?」

とてもいい質問だ。今まで6000億円をもダイレクト・レスポンスで販売してきた男の成功の秘訣だ。テッドがその答えを言おうとした、その瞬間、、、

主催者のゲーリーがそれを遮った。

「ちょっと待ったソレを言うな!」

そして、それを言わせずに、テッドに一枚の紙とペンを持たせて、それを書かせた。その一枚の紙を封筒に閉じて、ゲーリーはこう言った・・・

「皆さん、この封筒にはいくらの価値があると思う?

「全くのゼロから想像もつかないような巨大な成功を手に入れた男の秘密だ。もちろんこの封筒に払ったお金は赤十字に寄付される。俺はテッドの答えにはとても価値があると思う。さあ、5ドルから始めようか」

そして、その封筒をめぐってオークションが始まった。「5ドル!」「100!」「150」・・・オークションは熱気に包まれて、最終的には1500ドル(15万円相当)で終わった。

そう。たった一枚の封筒が15万円だよ!?

そして、そのオークションを競り落とした男は大事に封筒をしまって部屋にもどった。その会場にいた人達は全員、その封筒の中身が気になって気になってしかたなかったに違いない。

その封筒の中身は?

何が書いてあったのか?

6000億円も売ってきた伝説の人がたった一つの成功の秘訣としてるものってなんだ?

実際、その封筒の中にはたった一行しか書いてなかった。もしかしたら、このたった一行の言葉があなたの人生を大きく変えるかもしれない。実際、僕自身は変わった。そして、実はウチの寺本もこの言葉があったから今、一緒に働く事になった。

しかし、もしかしたら、あなたはこの秘密にがっかりするかもしれない。優れた知識、とても素晴らしいアイディアは極めてシンプルなものだからだ。でも、この言葉を心から受け止めてほしい。ビジネスにおいても、プライベートにおいても、、、

その秘密は、、封筒に書いてあったたった一行の言葉とは??

“Whatever you want in your life, Just ASK”

直訳すると、“あなたが人生で望むものはなんでも、ただ、ASKしてみなさい””ASK”という単語はと てもいろんな意味があるので英語のままにした。辞書によると、

ASK:尋ねる、質問する、求める、要求する、必要とする、頼む、依頼する、~してほしいと頼む、望んでいる事を言う、、、、

そう!あなたが自分の人生に望んでいるものは、なんでも、“欲しい”“~して欲しい”と頼んでみないといけない。たったそれだけだ。

つまんない?当たり前すぎる?そう?僕はそうは思わない。今、あなたが○○したいなーと思っていること、それを実際に相手に頼んでみた?断られてみた?

それともただ、頭の中をどうどう巡りしてるだけ?

あなたが誰かの会社で働いているなら、その社長に給料上げてくれって頼んだことある?自動的に上がっていくものだと思っていない?こんな仕事がしたいですっていった事ある?黙ってたらいつか好きな仕事が回ってくるって思っていない?

あなたがビジネスで成果を出したいなら、既に成果を出した人にやり方教えてって頼んだことある?黙ってたら教えてくれると思っていない?

あなたが小さい会社の社長で、大きな取引を決めたいと思っているなら、私と取引してくださいって頼んだことある?自分みたいな所と取引なんかしてくれるはずない、と思って黙っていない?

あなたがセールスマンなら、この前のお客に、商品買ってくださいって言った?魅力的なプレゼンすれば、お客が勝手に買ってくれると思っていない?

あなたのホームページ、お客さんに購入を求めている?それとも黙っている?

かわいいあの子に、電話番号教えてって言った?ご飯行こうって言った?黙ってたら向こうから誘ってくる?んなわきゃない!その子が偶然会った子なら、二度と会えないだろう。

僕らはとてもシャイな民族だ。雰囲気などで間接的に自分の意思を伝えようとする。なんとなーく自分の気持ちを分かってくれるだろうと思っている。そして、だんだんと徐所に自分の求める方向にモノゴトは向かっていくだろうと思っている。そして、大胆になることを怖がっている。相手に何かを要求することを怖がっている。断られるのを怖がっている。

しかし、それじゃビジネスは進まない。物事は先に進まない。黙――――って2年も3年もかけて自分の意思を相手に伝える?そんなんじゃ遅い。口にだせば、1分で終わる

「あなたが何を望んでいようとも、ASKしてみなさい」

冒頭の約束、僕は守れたかな?

それはあなた次第だ。

PS:→ 億万長者のお金を生み出す26の行動原則

小川 忠洋

読者累計30万2163人を誇るマーケティングメルマガ『ザ・レスポンス』発行人、ダイレクト出版株式会社代表取締役社長。『ザ・レスポンス』の他にも、読者累計14万5000人の『デイリーインスピレーション』などを毎日発行。年間1億通以上メールマガジンを配信。日本ナンバーワン・マーケッターにも選ばれた神田昌典氏など、一流の経営者とも提携を結びビジネスを展開。著書に『自分を不幸にしない13の習慣』『フリーで利益を生み出す45の鉄則』『インターネットマーケティング最強の戦略』がある。

小川忠洋の記事一覧

ブログ一覧へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ザ・レスポンス】の最新記事をお届けします

ページトップへ
「売れるテンプレ習得コース」無料体験セミナーのお知らせ
Loading